読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おんぷ日記

合唱団で歌ったり、指揮をしたり、ピアノを弾いたりしています。

6th演奏会終えて

わたしは本番があんまり好きでないのかもしれない。練習しているときが1番楽しい。練習のあと、みんながさっきまでやってた曲をふんふんと口ずさんでいるのを聴いているときが人生の中で1番幸せって思う。

プーランクはやっぱりわたしにはまだまだやれない曲だった。
いつもおもうけど、わたしの曲はせせこましい。休符の間が、とても短い。さっさとせっせこと曲が進んでしまう。

百年後はソロ1回目で声が裏返り、2回目はまぁまぁかな、くらいだったのに終わってから(正式には翌々日)指揮者が珍しく褒めてくれた。けど、練習からあれくらい歌ってくれたら安心して任せられるのになぁーと笑われた。まぁそのとおりである。前日しか練習していない。
もっと練習しないといけない、とはいつも日々思っているのに…。「僕と似てるんだよね」と笑われ、「超うれしくないです」と答えたけれど、まったくもってそのとおりだとおもう。

そして今年はアンコールが。アンコール振るのはもういやだ。最後まで緊張しっぱなしだ。指揮台に乗るのももうぜったいいやだ。パンツが見えないか、振りながらずっと頭の中は「きょうなんのパンツ履いてたっけ」だった。ぜったいいやだ。しかも客席一列目はお◯コラの人たち。ほんといやだ。パンツが見られるのが嫌なわけではなくて、ネタにされるのがいやだ。

委嘱初演曲を振るという夢をひとつ叶えてしまったが、それは恥ずかしくてごめんなさいの思い出、信長先生に申し訳ない思い出で終了した。そんなに悪くなかった、よかった、ほっこりしたといろいろ声をかけてもらったけれど、信長先生はがっかりだったのでは…怖くて聞けていない。

本番終わって、疲れ切って引きこもりたくて、楽屋でぼけーっとしていた。「ロビーでいろんなひとがよねちゃんは?と言っている」と言われ、しかしどうしても満足がいかず恥ずかしくてロビーに出なかったんだけど…

いろんな方がメールをくださり、褒めてくださり、これからの声援をくださり、
わたしは…どうしていつもこうもアホなのかとおもう。

100%満足のいく演奏なんて、きっと一生で一度も経験することはないでしょう。
自分の中で満足がいかなくとも、よかったと言ってくれた人にはありがとうと言うべきです…。

次はあれするぞ、こうやって練習して、ここまでにこうして、次の練習であれやってみよう、どうしたらもっとよくなるのか…
くそ、悔しい、あれができなかった、次こそはここを改善して…
あれこれ考えている。

いいじゃんね、悔しくたって、つぎ頑張ればいいじゃんね。
まずお礼しにいけよという話です。

ご挨拶できなかったみなさん、ごめんなさいでした。聴いてくれてありがとうございました。

またがんばります。聴いてやってください。


喧嘩

また喧嘩したんですよ。
もう…だめだ、しかたない
離れるしかない、と本当に決意して2日たち、離れると伝えたんですが、
結局和解?

なんか…結局かぁ…という思いもありつつ…
本心は離れたくないから、もう諦めてうまく付き合って行くしかないなぁとまた思い直し…。

できょう。
たまたま練習見学に行ったのだが、
とても楽しそう、だった。
いつも、楽しくないんだろうな。
ごめんね、、、

わたしが悪いんだろうな。
わたしがもっと盛り上げたりできず、わたしが空気を悪くしているんだろうな。

どうすればいいのか、、わからない。
だって、実際つまらないときもある。
仕方ないじゃないか。
楽しい時は楽しくしているぞ。

で、おもったのだけど、
時間がある時は見学におじゃましたいな。

むかついたりイライラしたり、なんでなの!?
っておもっちゃうけど、
もう一緒にやれるかばかやろー!
ではなくて
攻略する方法をテクニックを身につけようかな…
なんでそこまで、っても思うけどさ…。

あと、きょう、ちょっと前に買ってた女性脳男性脳っていう本を思い立って読んだら、
これがまた
まさにそれですよ、って感じでほんとにほんとに。これなんだよーーーーー!!わかってないんだよ女声のことを!!!!まじだよ。

読ませたい。
読んでくれ………
だれか読ませてくれー彼の机に置いておいてくれー…

とりあえずわたしが読んで「気にしない」を身につけたいと思います。

身につけたら喧嘩しないなー。

寝ます。

おばあちゃんへ

おばあちゃん
きのうおばあちゃんとお別れしたあと、梅花のひとたちがお祈りにきてくれました。
梅花のひとたちが帰るとき、
「わたしも歌をやってるんです」
と話したら、
「おばあちゃんに似たんだね」
って言ってもらいました。
「あなたのおばあちゃんは声がきれいで、音を覚えるのも早くて、すごく上手だったよ」
と聞いたよ。

3歳の時、おばあちゃんがピアノを買ってくれて、ピアノを習い始めました。
それからわたしはずっと音楽を続けているよ。
今日、梅花を聴きながら、今のわたしがあるのは、おばあちゃんのおかげなんだ、と強く思いました。

お正月に旦那さんといっしょにおばあちゃんに会いにいって、おしゃべりしていっしょにご飯食べて、写真も撮って、すごく楽しかった。みなちゃんって呼んでくれて、ぎゅってしてくれてすごくうれしかった。

おばあちゃんがつくってくれるお漬物ととろろのご飯が大好きでした。
おばあちゃんが「みなちゃんが好きだから」って買ってくれたダックワーズをこないだ久しぶりに食べて、おばあちゃんのこと思い出してたよ。
おばあちゃんが「みなちゃん」って呼んでくれる優しい声が大好きだったよ。

これからもおばあちゃんがわたしに与えてくれた音楽をずっと続けて、おばあちゃんが喜んでくれるように生きていきます。

おばあちゃん、ありがとう。

人と仲良くなること

きょうはラジオを聞きながら不来方を応援していました。
野球も合唱も、高校生のあの時期にしかできないなにかキラキラしたものがあると思っています。
わたしは、あのかけがえのない時間もとっても大好きですが、いまが1番楽しいなぁと最近は思います。
いまの職場にはいって、今日が1番楽しかったです。出版の仕事は、結構個人プレイが多いですが、やっぱり仲良くなったほうが楽しいと思います。
歌も仲良くなるとなぜかうまくなるしハモるし。なんでもいっしょですね。

電車

電車に乗ると具合が悪くなって通勤が鬱。
社長になって送り迎えされたい

札幌

札幌の全国大会のときの動画を久しぶりに見たんだけど、
わたしアベレジを振ってるときの指揮者の顔がすごい好きなんですよ…笑
中盤にパートソロが順番に受け渡されるところがあるんだけど、
わたしのパートのソロが終わったとこですごくにこってしてくれてるやつ。
もしかしたら違うパートにニコッとしたのかもしれないし、特に意味がなかったのかもしれないけど、
あれ見ると、すごく嬉しくなる。

あの演奏は今聴くとだめなとこいっぱいあるし悔しい気持ちもあるけど、
でもあれはあれで、とても楽しい思い出です。

懐かしい。
なんと2018年の全国大会はまた札幌。
いきたいなぁー

ピアノ

お正月に、祖父母の家に行ってきました。
おばあちゃんに会うのは高1ぶりで、もう10年以上ぶりでした。
おばあちゃんは糖尿病と認知症で、ほとんど喋れなくなっていて、違う人のようになっていました。びっくりしてわたしはぼろぼろ泣いてしまいました。でもわたしのことはわかってくれてたし、わたしの小さい頃の写真を見て何度もなんどもぎゅって顔に近づけたり、いっしょに写真撮ったときも、にこってしたり。
思い出すだけで泣きそうになっちゃうけど仕方のないことです。もっと顔見せてあげればよかったと後悔してももう仕方ないです。
おじいちゃんが介護がんばった話も聞いて、おばあちゃんが動かなくなったときこのまま放って寝てしまおうかとおもった、という話も聞いてとても辛かったです。

いろいろ悲しくなったし考えたけど、また帰って顔見せてあげたいし、できることを考えてみようと思います。できたら赤ちゃんも産んで顔見せてあげたいです。

わたしがピアノを習い始めた頃、おじいちゃんとおばあちゃんが買ってくれたピアノが、いまおばあちゃんのお家の奥の部屋にあります。
また弾きたいです。
運ぶのに10万くらいかかるので、お金貯めてこっちに運びたいです。