おんぷ日記

合唱団で歌ったり、指揮をしたり、ピアノを弾いたりしています。

電車

電車に乗ると具合が悪くなって通勤が鬱。
社長になって送り迎えされたい

札幌

札幌の全国大会のときの動画を久しぶりに見たんだけど、
わたしアベレジを振ってるときの指揮者の顔がすごい好きなんですよ…笑
中盤にパートソロが順番に受け渡されるところがあるんだけど、
わたしのパートのソロが終わったとこですごくにこってしてくれてるやつ。
もしかしたら違うパートにニコッとしたのかもしれないし、特に意味がなかったのかもしれないけど、
あれ見ると、すごく嬉しくなる。

あの演奏は今聴くとだめなとこいっぱいあるし悔しい気持ちもあるけど、
でもあれはあれで、とても楽しい思い出です。

懐かしい。
なんと2018年の全国大会はまた札幌。
いきたいなぁー

ピアノ

お正月に、祖父母の家に行ってきました。
おばあちゃんに会うのは高1ぶりで、もう10年以上ぶりでした。
おばあちゃんは糖尿病と認知症で、ほとんど喋れなくなっていて、違う人のようになっていました。びっくりしてわたしはぼろぼろ泣いてしまいました。でもわたしのことはわかってくれてたし、わたしの小さい頃の写真を見て何度もなんどもぎゅって顔に近づけたり、いっしょに写真撮ったときも、にこってしたり。
思い出すだけで泣きそうになっちゃうけど仕方のないことです。もっと顔見せてあげればよかったと後悔してももう仕方ないです。
おじいちゃんが介護がんばった話も聞いて、おばあちゃんが動かなくなったときこのまま放って寝てしまおうかとおもった、という話も聞いてとても辛かったです。

いろいろ悲しくなったし考えたけど、また帰って顔見せてあげたいし、できることを考えてみようと思います。できたら赤ちゃんも産んで顔見せてあげたいです。

わたしがピアノを習い始めた頃、おじいちゃんとおばあちゃんが買ってくれたピアノが、いまおばあちゃんのお家の奥の部屋にあります。
また弾きたいです。
運ぶのに10万くらいかかるので、お金貯めてこっちに運びたいです。

指揮者になりたい

わたしは指揮者になりたいんです。実は。
合唱指揮者としてコンクールの審査員に呼ばれたりするためにはどうしたらいいのか聞いたら、コンクールでいい成績を残したら声がかかるようになったなぁと言われました。
わたしも声がかかるようになりたい!!
でもわたしはコンクールで振らせてもらうことはできそうにありません。
指揮者がいるからです。
わたしも指揮をさせてもらってはいますがコンクールでは振らせてもらってません。
いつか振りたいですが。許してもらえることはなさそうです。指揮者が振りたいそうですから。
わたしを応援してくれるなら、振りたかったです。自分だって、わたしと同じくらいから合唱団を振ってきて、コンクールに出続けてきて、わたしの気持ちわかってくれるんじゃないかと少し期待していました。
そんな甘くないですよね。誰だって自分のポジション奪われるのはいやですよね。

応援してもらえないなら、居心地悪いし仲良くやれないのもいやだし諦めました。
なんか、がっかりしました。
わたしのこと、もっと応援してくれてるんだと思ってました。

新しく合唱団作るのもな、ぽんぽん作るの好きじゃないし。
とにかく、自分のポジション奪われることが嫌な、普通の指揮者だったのかとショックです。もっとわたしたちは仲間みたいな、わたしのことを思ってくれてるのだと思っていました。

特に何も書いてないのに

なぜアクセス数がすごいのか。
なにも書いてないのに笑

また練習に行きたくなくなってしまった。
やりたいことはあるけれど、
だめだな…
なんなんですかね。

なんかもうだらだら続けてても無駄かなー
ほんと。

お江戸コラリアーず感想2010

きょうはおえこらの演奏会でしたが、帰ってきたらSMAPの解散番組がやっていて泣きそうです。一気に現実に引き戻されました。
なんで解散してしまうんでしょうか。みんなの姿、もっと見ていたかったです。
感想を書こうと思ってブログを開きましたが、悲しくて書けません。
気が向いたらまた書こうと思います。
とりあえず一言、悔しい。例年の感想と変わらず。成長してないな…

大学時代、いっしょに歌専攻だった友達が亡くなってしまいました。
人が死んでしまうのはとても悲しいことなんですね。
でも、世界から人が1人亡くなっても、世界は動き続けて、なにもなかったかのように日常が過ぎていって、悲しむ間なんて与えられないんでしょうか。
それも、さびしいことです。

わたしがもし死んだら悲しんでくれる人はいるのか、と考えることがあります。もしいるなら死んでもいいや、と。
でも悲しんでくれる人がいたとしても、その人にはやるべきことがあって進んでいかなくちゃいけません。そのうち、わたしのことなんて忘れちゃうんだろう。
それなら、わたしも死ぬことなんて考えないで思い切り楽しんでやるべきことをやりたい。
多分わたしが死んで悲しんでくれる人がわたしのことを考えてくれる時間よりも、死なずに頑張ったほうがわたしのことを考えてくれる時間は長い。(当たり前のことを言っていたらすみません…)

頑張って生きるしかないなぁと思ってきました。そろそろ落ち込みゾーン脱出かな?
きょうは通院でしたが、落ち込みマックスでひどかったです。そのあと発表会のピアノ合わせでソロを歌ってみたら楽しくて幸せな気分になった。ところに悲しいお知らせ。何があるかわからない毎日をもっと充実させて満たされて生きていきたい。
そうだわたしは満たされたいんだ。とおもう。
美味しいものや綺麗なもの、好きな人、美しい音楽に満たされて生きていきたい。