おんぷ日記

合唱団で歌ったり、指揮をしたり、ピアノを弾いたりしています。

三善先生

三善先生が亡くなった。

わたしが歌ったことのある曲はほんと少しです。
木とともに人とともに と、四つの愛のかたち、地球へのバラード
これだけ。

でも、いままで邦人作品ほとんど歌ったことないわたしにとっては初めてしっかりとりくんだ組曲でした。

いままで、三善晃とか鈴木輝昭とか現代作曲家の作品を自分が歌う日がくるなんて想像もしていなくて、名前聞くだけでアレルギー反応でそうなあれだったのに、いまではとても大好きです。

もし、一曲も歌わずに三善先生が亡くなっていたらなにもこんなに悲しくなかっただろうなと思います。
亡くなってしまったのはとても悲しいし、残念でならないけれど、
三善先生が生きておられるうちに、先生の曲を歌うことができて、素晴らしさを少しでも感じることができて本当によかったなと思います。

これからもたくさん先生の作品を歌っていきたいです。素晴らしい曲はいつまでも歌い継がれます。廃れることがありません。

わたしは生きてます。
なんで、わたしなんかが生きてるのって思うこともあるけど、歌いたい曲があるので、なんとか生きます。