おんぷ日記

合唱団で歌ったり、指揮をしたり、ピアノを弾いたりしています。

性格ではなくテクニックで会話するということ

週末に群青のトークイベントに参加したのですが、小田先生がわたしにとってとても興味深いお話をされていました。
震災の後、生徒のためのカウンセリング技術の講座などをたくさん受けたそうです。そういったテクニックを使って生徒と会話をすることが多く、たまに生徒との会話の中で「自分の性格で会話しているのではなく、テクニックで会話をしているように感じるときがある」という話をされていました。

わたしは結構頻繁に同じような思いを抱きながら人と会話をすることが多くて、自分の本心や自分の本当の性格で会話をしている人、というのがかなり少ないなと思っています。ただ、テクニックを使って会話しているのも決して不本意ではなく嫌ではなくてそれはそれでわたしなんです。
でも、テクニックなんて気にせず本心で話をできる相手と一緒にいるときはとても気が楽なのは確かです。

こういうのって誰でもあることなのだろうか。
もちろん仕事の付き合いでは何も気にせず会話できる人というのは少ないのは当たり前だと思うのですが、わたしの場合プライベートでも趣味の場面でもそういったことがほぼ大半にあります。